モリンガ副作用

モリンガの副作用について

世界一の栄養植物と言われるモリンガですが、

 

 

気をつけなければならないのがその副作用

 

 

モリンガは、薬ではなく健康食品ですので直接体に害はありませんが、
栄養素が豊富に含まれていますので逆に副作用が気になってしまいますよね。

 

 

副作用は基本的にないといわれていますが、厚生労働省からは
以下のように発表されています。

 

 

■厚生労働省からの発表

 

 

ですので、

 

 妊娠している方

 

 妊娠しているかもしれない方

 

 

はモリンガの服用は控えておいたほうがいいですよ。

 

 

また、

 

血糖値を下げる薬と併用した場合、血糖値が下がりすぎてしまうことがあるようです。

 

 高血糖症で血糖値を下げる薬を併用している方

 

も念のためにモリンガを服用するのは控えておいたほうがいいです。

 

 

その他の方に関しては、特に副作用を気にする必要はありませんよ♪
ただし、栄養素の取り過ぎはやはりよくありません。

 

用法を守って、決められた量以上は服用しないようにしてくださいね。

 

 

 

森三中の大島も愛飲!「モリンガの小粒」

 

モリンガ副作用を暴露します!※購入前に要確認!森三中大島も愛用しています。

 

世界位置の栄養植物!モリンガ

日本ではあまり聞きなれない植物「モリンガ」!

 

モリンガは、インドが原産で亜熱帯の気候でないと育ちません。
気温10度で生育が止まり、0度になると枯れてしまいます。

 

日本の気候では自然では育ちにくい植物です。
インド、フィリピン、アフリカなどが主な生産地になっています。

 

モリンガに含まれる栄養素は以下のとおり。

 

たんぱく質、炭水化物、脂質、繊維、カルシウム、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛、胴、鉄、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタインB3、ビタミンC、ビタミンE、ヒスチジン、リジン、トリプトファン、フェニルアラニン、メチオニン、スレオイニン、オイシン、イソロイシン、バリン、アスパラギン酸、セニン、グルタミン酸、プロリン、グリシン、アラニン、アルギニン、βーアミノ酸、γーアミノ酸

 

合計36種類もの栄養素が入っているんですよ!

 

栄養素が多く含まれている健康食品として青汁が有名ですが、
16種類中11種類はモリンガのほうが栄養価が高いんですよ。

 

人間の体では作られないとされる必須うアミノ酸もたくさん含まれていますしね。

 

これから日本で注目されること間違いなしの健康食品となりますね。

 

  • 食生活が乱れがち
  • 外食が多い
  • バランスが偏った食事が多い

 

という方に栄養補助剤と服用するとさらに効果的ですよ。
薬ではないので、副作用を心配する必要もありません、ただし摂り過ぎには注意して下さいね。

 

森三中の大島も愛飲!「モリンガの小粒」

 

モリンガ副作用を暴露します!※購入前に要確認!森三中大島も愛用しています。

モリンガが栽培されている日本の地域

モリンガはインド原産、ワサビ科の植物。
アーユルヴェーダでも用いられる天然ハーブです。
(アーユルヴェーダとはインドの伝統的な医学のことです。)

 

国内では沖縄で栽培され、天草ではお茶や石鹸などの加工品が販売されています。
上天草市では数年前にモリンガの種を1500世帯に配布したことがあります。

 

モリンガを上天草の特産品にしようとする狙いがあったんですね。

 

しかしながら、亜熱帯植物で気温10度以下では生育が止まってしまう、
日本では栽培が難しい植物だけあってそのほとんどは枯れてしまいました。

 

現在では生産者は10数名ほどしかいません。

 

比較的病気に強い植物で、農薬は不要。
成長も早く、半年ほどで5mくらいの背丈に育つ植物ですよ。

 

手間、経費が比較的かからないので生産しやすい植物ですが、
日本で育てる上での問題はやはり気温、気候ですね。

 

あとは加工する技術。薬草は熱に弱いので、いかに乾燥させるかがポイント。
上天草の生産者、加工業者の試行錯誤の上で自然乾燥のノウハウを確立して
ようやくモリンガの小粒のような錠剤に商品化することができたんですよ。

 

葉の栄養価が優れているのでビタミンやアミノ酸が豊富に含まれています。
健康にいいとされるポリフェノールは赤ワインの8倍も含まれていますよ。

 

葉っぱだけでなく、枝や根も美容価値があるので、1年ごとに植え替える栽培手法
の確立が今取り組まれています。

 

注目がますます集まるモリンガですが、広島大学でドミニカの大学と連携して、
健康食や家畜の餌として使われているモリンガの生産性を高める研究がされています。
栽培方法や成分の研究が行われています。

 

現在販売されている製品としては、サプリメントとハーブティーが主流です。
インドアーユルヴェーダによると300もの病気を予防することができると記されています。

 

副作用もありませんし、植物の中ではこれほどの栄養価を含んでいる植物は今のところみあたりませんね

 

 

↓「モリンガの小粒」公式サイトはこちら↓